話題のホルミシス療法まるわかりサイト
話題のホルミシス療法まるわかりサイト

もっと健康もっと元気に!ホルミシス療法がわかるサイト

ホルミシスの効果を取り入れる3つの方法
健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧
HOMEホルミシス療法なぜなに質問箱ラドン療法との違いはなに?

ラドン療法との違いはなに?

温泉などに含まれるラジウムとラドンの関係、放射線ホルミシス効果が期待できるラドン治療について解説しています。

ラドンとラジウムは同じもの?

温泉画像ホルミシス療法とは、低線量の放射線を体内に取り入れて、健康や美容にいい効果を与えるもの。ラドンは放射線のひとつですから、ラドン治療によってホルミシス効果が得られるということになります。ラドンとは、自然界に存在している86番目の元素で、無色無臭の放射性のガスのことをいいます。

もともとは、ウランという重い不安定な元素がラジウムに壊変し、ラジウムが壊変したものがラドンとなります。温泉の中にラジウム温泉というのがありますが、これはラジウムが温泉に溶けたものです。このラジウム温泉から放出される気体がラドンとなって、呼吸器から体内へ取り込まれるのです。

体内に取り込まれたラドンはイオン化し、3時間ほどで体内から抜け出すといわれています。ラドンには強力なイオン化作用があり、その際に放出されるアルファ線が病気の治療に応用されています。

ラドン治療の放射線ホルミシス効果

活性酸素は、現在のさまざまな病気の大きな原因となっているという研究結果もあります。多くのストレスにさらされ、汚染物質が多くなり、自然環境も大きく変化しています。

また、高齢化も加速しています。その結果、交感神経が高ぶり、不眠や体の循環不全を引き起こし、ホルモンや酵素類が減少していきます。それによって、活性酸素が増え、老化や生活習慣病、ガンなどを引き起こすといわれています。

こうした活性酸素を減らすために、ラドン治療などの放射線ホルミシスが有効なのです。

ホルミシス療法なぜなに質問箱その他のページ

話題のホルミシス療法まるわかりサイト