話題のホルミシス療法まるわかりサイト
話題のホルミシス療法まるわかりサイト

もっと健康もっと元気に!ホルミシス療法がわかるサイト

ホルミシスの効果を取り入れる3つの方法
健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧
HOMEホルミシス療法なぜなに質問箱放射線って危なくないの?

放射線って危なくないの?

低線量放射線治療の安全性を徹底調査しました。「放射線=危険」という定説はどこで生まれたのでしょうか?自然放射線の値から、その安全性を確認してみました。

放射線治療・ラドン治療には危険性があるかのか

新緑画像「放射線=体に害を及ぼすもの」という考えが、一般的には普及しているようです。

これは、放射能の影響を調べていた初期の実験に起因します。当時、実験に使われていたのはショウジョウバエの細胞で、この検体に放射線を当てたところ、放射線量に比例して染色体異常が認められました。そのため、放射能は微量であっても危険であるというのが定説となりました。ただし、この実験に用いられたのはショウジョウバエの精子の細胞で、この細胞は、生命の中で唯一、DNAの修復が行われない特殊なものだったのです。

たしかに放射線は大量に浴びると、放射線障害を起こしたり、最悪の場合には死に至ることもあります。しかし、太陽光や植物など、地上には自然放射線があふれていて、通常の生活を送っていても、毎日微量の放射線を浴びているのです。その数値は1人あたり平均年2.4ミリシーベルトといわれていますが、毎日浴び続けていても悪影響はありません。

また、世界の地域によっては、自然放射線が強い地域もあります。たとえば中国の広東省陽江市では年間6ミリシーベルト、ブラジルのグァラパリでは年間5.5ミリシーベルトの放射線量が計測されています。

しきい値内の低線量で行われる放射線治療

ミズーリ大学教授の、トーマス・D・ラッキー博士が提唱した放射線ホルミシス効果によって、自然放射線の10~100倍の線量の放射線を浴びると、体や健康によい影響を及ぼすことがわかっています。

低線量放射線ホルミシスによって、体内酵素が増え、活性酸素を除去することでアレルギー症状の改善も見込めます。温泉などに用いられているラドンについても、危険なのでは?と心配になる人もいるようですが、重要なのはその線量で、しきい値内の低線量放射線であれば、体に有益に作用するのです。

ホルミシス療法なぜなに質問箱その他のページ

話題のホルミシス療法まるわかりサイト