話題のホルミシス療法まるわかりサイト
話題のホルミシス療法まるわかりサイト

もっと健康もっと元気に!ホルミシス療法がわかるサイト

ホルミシスの効果を取り入れる3つの方法
健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧
HOMEホルミシス療法なぜなに質問箱そもそもホルミシスってなに?

そもそもホルミシスってなに?

「自然放射線の10~100倍の放射線を浴びると、健康にいい」と、言われるホルミシス療法について調べました。これまで研究されてきた内容と、その効果について紹介します。

うれしい効果満載!のホルミシスとは?

笑顔の家族画像ホルミシスとは、高濃度または大量に用いられた場合は有害となるある物質が、低濃度または微量に用いられた場合には、有益な効果をもたらすという現象をいいます。

ここでは、低線量の放射線を用いることで人間に有効な作用を起こす、低放射線ホルミシス(低線量放射線)について解説しましょう。

世間では、放射線というと体に有害なものと認識されているようです。たしかに、放射線は大量に浴びると体に害を与えます。ですが、地球上には常に微量の放射線が放出されています。

この自然放射線の10~100倍の放射線を浴びると、健康にいいということがわかってきました。たとえば、岩盤浴や温泉などで使用されている天然ラジウム鉱石は、水に入れるとラドンという放射線を発します。微量のラドンが体内に入ることによって、細胞が刺激されて新陳代謝が向上。免疫力や自然治癒力がアップすることが、実験や臨床応用で証明されています。

低線量の放射線には、さまざまな病気を引き起こしたり老化の原因なる活性酸素を抑える効果があるからです。

ホルミシスの歴史

宇宙飛行士画像ホルミシスは、1982年、ミズーリ大学の生命科学の教授であるトーマス・D・ラッキー博士によって提唱されました。

地球の100倍もの宇宙線(放射線)を浴びる宇宙飛行士の体が、どれくらいのダメージを受けているのかを調査したところ、宇宙飛行士たちは元気になって帰ってくるという結果が得られました。この結果によって、宇宙飛行士が浴びる地球の100倍の線量の放射線は人体に対して危険なものではなく、適度な刺激を与え、生体を活性化させるという効果が発表されたのです。

放射線が生体に有益になる「しきい値」とは

さらに、ラッキー博士は放射線にも生体にとって有効に働く分量があるとしました。それまで「放射線は少量でも有害であるから、放射線が有効に働く線量はない」と考えられていたために、存在しないとされてきた「しきい値」(有益なものから有害なものへと変わる限界線量)があると発表されたのです。

ラッキー博士によれば、長年の研究の結果、もっとも理想的なのは自然放射線の100倍とのこと。ホルミシスの分野では、自然放射線は年間1ミリシーベルトとしているので、年間100ミリシーベルトがその値だといわれています。

ホルミシス療法なぜなに質問箱その他のページ

話題のホルミシス療法まるわかりサイト