話題のホルミシス療法まるわかりサイト
話題のホルミシス療法まるわかりサイト

もっと健康もっと元気に!ホルミシス療法がわかるサイト

ホルミシスの効果を取り入れる3つの方法
健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧
HOME健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧鎮痛作用のホルモンを増やして慢性的な痛みを解決

鎮痛作用のホルモンを増やして慢性的な痛みを解決

慢性的な痛みを和らげる、鎮静作用のあるホルモンも活性化させる低線量放射線ホルミシス。モルヒネの5倍にもなるといわれる、その効果や作用についてまとめました。

ホルミシスには頭痛などの鎮静効果も

頭痛画像ホルミシスによって、160種類ものホルモンが活性化するといわれています。そのなかのひとつにメチオエンケファリンというホルモンがあります。

メチオエンケファリンとは、痛みを和らげ、鎮痛作用のあるホルモンとして知られています。その鎮痛効果は、ガンなどの鎮痛剤として用いられているモルヒネの約5倍にもなるそうです。ホルミシス療法にはメチオエンケファリンが約2倍になるという結果が出ています。

ホルミシスによってメチオエンケファリンが増加することで痛みが和らぎ、頭痛や腰痛、生理痛、神経痛など、痛みを伴う慢性的な疾患にも効果があると考えられるのです。

痛みを感じる仕組みと鎮痛作用のあるホルモン

人間は、体の組織が損傷したり強い衝撃を受けると、痛みを感じるようにできています。これは、体のいたるところに傷害受容体という神経細胞があり、刺激を受けることで神経線維から脊髄、脳へと伝わって、痛みとして感知されるためです。

痛みには鋭い痛みと鈍い痛みがあり、鋭い痛みは秒速15~30mの速さで、鈍い痛みは秒速1~2mで伝わります。画びょうを踏んだり、刃物で切ったりしたときの鋭い痛みは、組織の損傷や炎症が治まれば痛みが引くのに対し、鈍い痛みには順応現象がないため、頭痛などのズキズキとした痛みはいつまでも続くことになるのです。

こうした痛みに作用するのがメチオエンケファリンなど鎮痛作用のあるホルモンです。ホルミシスによってメチオエンケファリンが増加し、痛みを和らげる効果が期待できます。

話題のホルミシス療法まるわかりサイト