話題のホルミシス療法まるわかりサイト
話題のホルミシス療法まるわかりサイト

もっと健康もっと元気に!ホルミシス療法がわかるサイト

ホルミシスの効果を取り入れる3つの方法
健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧
HOME健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧特定細胞の増殖を抑制

特定細胞の増殖を抑制

ホルミシス療法には、がん抑制遺伝子p53を活性化させるという効果があります。具体的な数値や、治療をしている人からの声を集めてまとめました。

ガン抑制遺伝子p53を活性化させるホルミシス

低線量の放射線(X線)をマウスの臓器に照射し、p53の活性化を調べる実験を行ったところ、副腎、肝臓、骨髄、腸、心臓などの臓器において、ガン抑制遺伝子p53が活性化することが確認されています。

また、宇宙旅行をしたときに浴びるのと同じ量(1ミリシーベルト/日)の放射線をマウスに照射し、p53の活性変化を調べた実験では、照射後は通常の8倍に、9日後でも3倍をキープしていることがわかりました。

人間の細胞は、DNAに傷がつくと癌化するといわれていますが、ガン抑制遺伝子には細胞のDNAにできた傷を修復する働きがあります。さらに、正常細胞がガン細胞にならないよう、遺伝子に異常がある場合には細胞分裂を止めたり、異常細胞の増殖を感知して、細胞のアポトーシスを誘導するなどの働きをします。

ガン抑制遺伝子は、現在のところ約30種類見つかっていますが、なかでもp53はガン治療にも用いられている代表的な遺伝子のひとつです。ホルミシス療法によって、このガン抑制遺伝子p53が活性化することで、ガンの発生やガン細胞の増殖を抑える効果が期待できるのです。

ガン抑制遺伝子p53とは

免疫細胞イメージ画像ガン抑制遺伝子p53は、細胞の代謝を正常に維持するために働き、アポトーシス(細胞死)を誘導するなどの重要な役割を持つことから「遺伝子の守護神」とも呼ばれている代表的なガン抑制遺伝子です。

p53は、DNAの傷を認識します。このとき、DNAの損傷が多い細胞があると、その細胞をアポトーシス(細胞死)させ、細胞がガン化するのを防ぎます。また、DNAの傷を認識することで、DNAに傷ができたまま合成されるのを抑制します。

こうした働きを持つガン抑制遺伝子p53の機能が不全になると、ガンが起こると考えられています。

ホルミシスで効果を実感した患者の声

ホルミシス療法と癌患者の声「病院で乳ガンと診断され、1年後の予後もわからない状態でした。しかし、家族がホルミシス療法について調べてくれて、やがて、その治療ができるホルミシスの存在を知りました。
治療をするようになってから、30キロ台にまで落ちていた体重が40キロを超え、肌のハリやツヤも健康だった頃と同じくらいに戻りました。仕事にも復帰でき、周りの人も驚いています。いまは、ハイキングや海外旅行にも出かけられるほど元気になりました」

自宅でホルミシス療法ができるラドン吸入器とは≫

話題のホルミシス療法まるわかりサイト