話題のホルミシス療法まるわかりサイト
話題のホルミシス療法まるわかりサイト

もっと健康もっと元気に!ホルミシス療法がわかるサイト

ホルミシスの効果を取り入れる3つの方法
健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧
HOME健康不安ゼロを目指す!ホルミシスの効果一覧基礎体温を上げて若返り

基礎体温を上げて若返り

自律神経やホルモンの乱れを調整する効果のあるホルミシス療法。体が整うことで基礎体温も上がり、さまざまな健康効果が期待できます。ホルミシス療法と基礎体温を上げる方法について解説しています。

体のバランスを整えて基礎体温を上げるホルミシス

人間の理想的な体温は36.5~37度といわれています。ですが、現代はストレスなどによって自律神経やホルモンバランスが乱れ、体温が低い人が増えています。ホルミシスには、基礎体温を上げる効果もあります。

低線量放射線ホルミシスによって、体内酵素SODが増加し、細胞の老化を抑えたり、免疫力を高めます。また、160種類ものホルモンが活性化し、体のバランスが整ってきます。そうした体の変化に伴い、基礎体温がアップしていくと考えられています。

基礎体温を上げる方法

基礎体温を上げる方法基礎体温が1度低いと、免疫力が30%前後低下するといわれています。免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなり、治るまでにも時間がかかります。

また、基礎代謝は12%前後低下します。1日あたり200~500kcalも代謝が下がり、1カ月で体重が1~2kg増加する計算になります。

体内酵素も減るので、体の機能も低下します。消化吸収機能やエネルギー生産力も衰えます。健康な人でも毎日5,000個ものガン細胞ができています。これらは免疫細胞が死滅させてくれていますが、免疫力が低下することで、免疫システムから見逃されて増殖していく可能性があります。また、ガン細胞は低体温を好み、35度がガン細胞にとって最適な体温といわれています。

基礎体温を上げるのは、健康のためにとても大切なことなのです。基礎体温を上げるには、毎日湯船につかったり、ふくらはぎや太ももの筋肉を鍛えたり、体を温める飲み物を飲むなどの方法がありますが、低線量放射線ホルミシスも有効な方法のひとつです。 

話題のホルミシス療法まるわかりサイト